今ブームなニュース

急上昇な最新ニュースを速報

未分類

愛内里菜 – Wikipedia

投稿日:

愛内 里菜(あいうち りな、1980年7月31日[1] – )は、日本歌手(声域はソプラノ)、実業家。現在は、ドッグブランド『Bon Bon Copine(ボンボン コピーヌ)』プロデューサー、タレント。大阪府生まれ[1]。本名は垣内里佳子

歌手としての所属レーベルは、ビーインググループのGIZA studio、所属事務所はAding第54回NHK紅白歌合戦(2003年)に出場した[1]

2013年8月22日に垣内りか(かきうち りか)に改名したことを自身のブログで発表した。

概要

1980年昭和55年)、大阪府東大阪市生まれ[2]。甲高く透き通った声[2]、高音で良く通る声と言われている一方で[3]、低音域の表現力もある[4]

GIZA歌手の中では、音楽番組に出演する機会が多かった。主な出演番組は『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)、『ポップジャム』『MUSIC JAPAN』(NHK総合)、『COUNT DOWN TV』『うたばん』(TBS系)、『ミュージックフェア21』『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』(フジテレビ系)、などである。いわゆる大阪人(現在も関西に在住)であるが、同じ大阪(関西)出身の芸能人との共演やトークする機会は少ない。しかし関西ローカル番組である『なるトモ!』には、NTVでも放送されていた回(2006年3月28日)に、ゲストパネラーとして1度出演したことがある。また、毎日放送制作・TBS系列の『知っとこ!』(2007年8月18日放送)にも出演した。

GIZA studioが開催した1999年の『SUPER STARLIGHT CONTEST』で所属が決定した。プロデューサービーイング代表の長戸大幸である。ジャンルはJ-POP。当初、バンド形式のボーカルとしてデビューする計画があったそうだが、結局ソロでデビューすることになった。途中からセルフプロデュースを中心に活動するようになる。

デビュー当初はトランス系やクラブ・ダンス系の曲が多かったが、次第にハードロック調の作品が中心となった。作曲は、大野愛果徳永暁人川島だりあ輝門など、編曲は尾城九龍、徳永暁人、corin.などが中心である。

2001年6月22日に『ミュージックステーション』に初登場した際、現役女子大生であり、食品生活学科で栄養士の資格を取ると発信している[5]

バックコーラスはほとんどの曲において、元Mi-ke宇徳敬子をはじめとするビーイング系アーティストが務めているが、愛内が自らバックコーラスを務めることもある。また、ライブではバックバンド”LOVE♠MOTION”を携える。

多くの他のGIZA歌手と同様全てのオリジナル曲の歌詞を自身で書いているほか、衣装選択やライブの舞台設定、サウンドの方向性などあらゆる面で愛内主体による作品づくりがなされ、その作品作りには一貫した姿勢を見ることができる。シングルのカップリング曲の多くが花言葉に基づいて描かれていたり、アルバムは互いに呼応しあうタイトル曲とエンド曲が中心となって描かれる、といったものであり、セルフプロデュース色を濃く反映している。 前述した通り全ての作品で作詞を行っているが当初は作詞も作曲もできない状態であった、しかしプロデューサーに作詞か作曲どちらかした方がいいと言われて作詞することを選ぶ。ひどいときは1曲の作詞をするのに1ヶ月かかったこともある。 契約上、愛内里菜というアーティスト活動には2か月に1作のシングルリリースをするという課題を課せられていた。

またデビュー前はギャル系ファッション雑誌Cawaii!」の読者モデルだったことがある。

兄弟は、妹が一人おり、デビュー後の初給料の時に洋服をプレゼントした。

デビュー当初よりヘアメイクやスタイリストなどを自分自身で依頼していた。これはビーイングがスタイリストやヘアメイクを付けないためである。そのためデビュー時に所属していたビーイング(ビル内にお金の階という部署がありそこで毎回衣装を買うためのお金を借りていた)から数百万円の借金をして衣装などを準備。売れなかったらどう借金を返済しようか19歳ながらに考えていた、デビューするまでの1年間は事務所からアルバイトは辞めるように言われていたためデビューしてしばらくはお金に困窮していたが、アーティストとして早い段階で成功し、2枚目のアルバムを出したあとに一気に1000万円が入り借金の返済をした[6]

また、愛犬(プードル)を2匹飼っていて、名前は「パイン」と「リボン」[7]。歌手引退後に開いたドッグブランド「Bon Bon Copine」というブランド名に愛犬の名前(「pine」・「ribbon」)が隠れている[8]

来歴

1999年以前

1998年7月16日に垣内里佳子としてavexグループのレーベル「Cutting Edge」からオムニバスCD「EUROBEAT FLASH Vol.19」に参加をしている。収録曲はNATHALIEのカバーで『DESPERADO』。

2000年 – 2004年

2000年3月23日、GIZA studioよりシングル「Close To Your Heart」でデビュー。当時大学生(19歳)。テレビアニメ『モンスターファーム』のオープニングテーマとして起用され、クラブを中心に話題となる。10月25日、4thシングル「恋はスリル、ショック、サスペンス」をリリース。読売テレビアニメ名探偵コナン』のオープニングテーマとなったこの曲は、曲にあわせてアニメの主人公・江戸川コナンがパラパラを踊っていたことで大きな話題を呼ぶ。その効果もあってオリコン週チャート初登場5位を記録、自身初のオリコンチャートトップ10入りとなりブレイク。歌手・愛内里菜の名を一躍全国区のものにするきっかけとなった。以後のシングルは、16枚がトップ10入りを果たしている。

2001年1月24日、1stアルバム『Be Happy』リリース。約40万枚を売り上げ、オリコン週アルバムチャート初登場3位を記録。 10月3日、7thシングル「NAVY BLUE」リリース。それまでダンスビートのイメージが強かった彼女がシングルA面で初めてバラードを歌ったということで注目され、オリコンチャート初登場2位。それまでの自身のシングル中最高の売り上げを記録。同曲では、作曲を手がけた川島だりあのコンプリートアルバムにはデモトラックバージョンが収録されている。

2002年4月10日、9thシングル「I can’t stop my love for you♥」リリース。再び『名探偵コナン』オープニングテーマとしてタイアップし、オリコン初登場2位を記録。5月15日、2ndアルバム『POWER OF WORDS』リリース。オリコンチャート初登場1位を記録。総売上も自身最高売上を記録。翌16日からは全国ツアー『RINA AIUCHI LIVE TOUR 2002 “POWER OF WORDS”』をスタート、全国6箇所で8公演を行う。

2003年の日本テレビ系野球中継のテーマソングに、2003年5月14日リリースの13thシングル「FULL JUMP」が起用され、リリース同日の読売ジャイアンツvs横浜ベイスターズ戦の中継にゲストとして出演(観客席で応援)した。巨人の応援をこめてタイアップした「FULL JUMP」だが、この年にセ・リーグ優勝を果たしたのは愛内の地元の阪神タイガースだったため、大阪出身で大阪在住でありながら巨人ファンと公言した愛内にとっては何とも皮肉な結果となってしまった(なお、この日勝ったのは横浜)。7月31日、自身の誕生日の特別ライブとして『里菜♥祭り 2003』を大阪フェスティバルホールで開催。ゲストは三枝夕夏上原あずみ滴草由実宇徳敬子の4人である。以後、誕生日ライブ『里菜♥祭り』は歌手活動を引退する2010年まで毎年恒例となる。10月15日、15thシングル「空気」、写真集『made in RINA 2003』と同時に3rdアルバム『A.I.R』リリース。『A.I.R』は前作『POWER OF WORDS』に引き続きオリコンチャート初登場1位をマーク。11月8日、全国ツアー『RINA AIUCHI LIVE TOUR 2003 “A.I.R”』をスタート、全国4箇所で4公演を行う。中野サンプラザでの東京公演中に一時的に原因不明の失声症に陥ったことを後に明かした。12月17日、初のベストアルバム『Single Collection』をリリース。12月31日、第54回NHK紅白歌合戦初出場。曲は「FULL JUMP」。大掛かりな衣装セットで印象的な登場シーンを演出した。

2004年4月28日、16thシングル「Dream×Dream」リリース。映画『名探偵コナン 銀翼の奇術師』のテーマにタイアップ。また同時に自身初の映画タイアップである。7月31日に大阪、8月3日は横浜、と2箇所に会場を拡大して『里菜♥祭り 2004』を開催。ゲストは三枝夕夏、北原愛子滴草由実岸本早未。上原あずみと宇徳敬子は参加しなかったが、北原愛子と岸本早未が新たに参加している。12月15日、4thアルバム『PLAYGIRL』リリース。オリコン初登場7位。

2005年 – 2009年

2005年7月10日、『Animelo Summer Live 2005 -THE BRIDGE-』に出演。代々木第一体育館でアニメ主題歌を熱唱。7月13日、つんく♂とデュエットした「愛エピローグ」が収録された、つんく♂ソロアルバム「タイプ2」がリリース。7月31日、大阪城野外音楽堂にて『里菜♥祭り 2005』を開催。ゲストは三枝夕夏 IN db、OOM、上木彩矢the★tambourinesの4組。11月2日、20thシングル「ORANGE★NIGHT」をリリース。

2006年3月29日、21stシングル「GLORIOUS/PRECIOUS PLACE」をリリース。5月3日、22ndシングル「MIRACLE」をリリース。5月31日、5thアルバム『DELIGHT』をリリース。原点回帰を意識したダンスミュージックを多く取り入れている。オリコン初登場4位。6月8日〜7月14日、2年半振りとなる全国ツアー『RINA AIUCHI LIVE TOUR 2006 “DELIGHT”』を全国6ヶ所6公演開催。6月14日、愛内里菜&三枝夕夏(コーラス:スパークリング☆ポイント)のコラボレートシングル「100もの扉」リリース。7月8日、日本武道館で行われた『Animelo Summer Live 2006 -OUTRIDE-』に出演。7月30日、2年連続、大阪城野外音楽堂にて『里菜♥祭り 2006』を開催。8月5日、TUBE織田哲郎など豪華アーティストで構成された“渚のオールスターズ”に参加し、 横浜みなとみらいで行われた『情熱大陸 SPECIAL LIVE SUMMER TIME BONANZA ’06』に出演。8月23日、渚のオールスターズとして、シングル『太陽のテイクオフ/君はボクの青空』をリリース。10月27日から12月8日、初舞台となる、オフブロードウェイ・ミュージカル『tick,tick…BOOM!』に出演。全国11か所29公演を敢行。

2007年1月1日、23rdシングル「薔薇が咲く 薔薇が散る」をリリース。2月17, 18日、ラフォーレミュージアム六本木にて「RINA AIUCHI VALENTINE LIVE 2007」を2DAYS開催。4月11日、愛内里菜&三枝夕夏のコラボレートシングル「七つの海を渡る風のように」をリリース。5月23日、ライブDVD「RINA AIUCHI VALENTINE LIVE 2007」をリリース。7月29日、3年連続、大阪城野外音楽堂にて『里菜♥祭り 2007』を開催。里菜♥祭りは通算5回目。8月15日、前作「薔薇が咲く 薔薇が散る」以来約8か月ぶりの24thシングル「Mint」をリリース。12月19日、25thシングル「眠れぬ夜に/PARTY TIME PARTY UP」をリリース。この作品は「GLORIOUS/PRECIOUS PLACE」以来、約1年半ぶりのオリコンTOP10入りとなった。

2008年5月7日、26thシングル「I believe you 〜愛の花〜」をリリース。作曲は前作「眠れぬ夜に」を書いた後藤康二が担当。5月15, 18, 19日、福岡、熊本、鹿児島で『RINA AIUCHI “R-Live vol.5″』を開催。5月21日、6thアルバム『TRIP』をリリース。6月15, 16, 17, 19日、郡山、仙台、青森、札幌で『RINA AIUCHI “R-Live vol.6″』を開催。7月26日、Zepp OSAKAにて『里菜♥祭り 2008』を開催。8月30日、大阪城ホールにて読売テレビ開局50年記念『名探偵コナン 夏祭り 〜夢の初ライブ〜』に出演。10月15日、27thシングル「君との出逢い 〜good bye my days〜」とDVD『PREMIER SHOT4 VISUAL COLLECTION』を同時リリース。12月17日、28thシングル「Friend/素顔のまま」をリリース。12月24日、「愛内里菜スペシャルクリスマスBad Fathers and Daughters〜Good Music and Memories〜」と題して、クリスマスディナーショーが開催された。他の出演者は近藤房之助増崎孝司

2009年2月11日、29thシングル「アイノコトバ」をリリース。3月25日、7thアルバム『THANX』をリリース。前作から約10ヶ月という早いペースでのリリースであった。7月22日、記念すべき30枚目のシングル「STORY/SUMMER LIGHT」をリリース。「Friend/素顔のまま」以来のオリコンTOP10入りとなる9位を記録。7月25日、Zepp Osakaにて「RINAMATSURI 2009 -Thanx Very Much-」を開催。10月21日、31st シングル「MAGIC」をリリース。愛内里菜ソロ名義では、5年振りとなる『名探偵コナン』タイアップであった。12月16日、10周年記念ベストアルバム『ALL SINGLES BEST 〜THANX 10th ANNIVERSARY〜』リリース。

2010年 歌手活動引退

2010年2月7日, 11日、『RINA AIUCHI THANX 10th ANNIVERSARY LIVE -MAGIC OF THE LOVE-』を渋谷C.C.Lemonホール尼崎アルカイックホールにて開催。7月28日、32nd シングル「HANABI」、10周年記念ライブのC.C.Lemonホールでの公演を収録したライブDVD『RINA AIUCHI THANX 10th ANNIVERSARY LIVE -MAGIC OF THE LOVE-』を同時発売。ところが、誕生日ライブを翌日に控えた7月30日、大阪・なんばHatchで開催されたファンクラブ限定ライブで年内での歌手活動引退を発表[9]。翌日の7月31日に大阪・なんばHatchで開催された誕生日ライブ「里菜祭り2010 FINAL」で、引退の理由を自身の甲状腺の病気であるためと公表[10]。9月15日、ラストアルバム『LAST SCENE』をリリース。封入広告で、『RINA AIUCHI PREMIER BOX 2000-2010』を冬に発売することを告知。9月26日、兵庫・尼崎アルカイックホールでのライブを最後に音楽活動を終了。12月31日、歌手活動を引退。

2011年 – 2014年 歌手活動引退後

歌手活動を引退後、飼っていた愛犬が病気となったのを機に専門学校へ入学し、ドッグリフレクソロジスト・愛護動物取扱管理士・ドッグヨガトレーナーの資格を取得する[1]など、犬について詳しく学ぶとともに、ドッグフードやペットグッズの企画も始めた。

2012年9月14日、歌手を引退してから自身のブログでドッグブランド『Bon Bon Copine(ボンボン コピーヌ)』を立ち上げたことを発表。10月1日、ウェブショップをオープンさせた。オープン後は精力的な活動をしており、ドッグイベントなどでトークショーを行ったり、自身がプロデュースした商品を持参して通販番組などにも出演。また実業家としてTV番組にも出演するなど歌手引退後もメディアに登場する機会は多い。

2015年 歌手活動復帰

2015年9月2日、垣内りか(元愛内里菜)名義にてテレビ東京系「THEカラオケ★バトル」に出演。引退後初めてテレビ番組にて歌声を披露した[11]。予選では、Every Little ThingTime goes by」(98.671点)。決勝戦では、安室奈美恵Love Story」(97.927点)を披露した。10月14日、「THEカラオケ★バトル 2015年間チャンピオン決定戦 4時間SP」に出演。予選でMY LITTLE LOVERHello, Again 〜昔からある場所〜JUJU ver.)」(99.300点)を披露した。

2015年11月28日、東京都内でトークライブイベント「R-box vol.1&vol.2」を開催、垣内りか名義での歌手活動再開を宣言した[12]甲状腺の病状については「だいぶ落ち着いてきました」と報告している。

2016年

  • 2月5日、関西テレビ「ピーチケMusic」出演。
  • 12月29日、大阪にてトーク&ライブ「R-BOX Vol.5」を昼公演、夜公演と開催。

2017年

交友関係

交友関係としては観月ありさ[14]三浦翔平[15]藤井リナ[16]、デビュー前から家族ぐるみの付き合いであるNMB48の植村梓[17]らとの交友がある。

ディスコグラフィー

シングル

CDシングル

デジタルシングル

アルバム

オリジナルアルバム

ベストアルバム

リミックスアルバム

DVD

  • PREMIER SHOT #1(BMBD-7004) 2001年12月5日
  • RINA AIUCHI LIVE TOUR 2002 “POWER OF WORDS”(BMBD-7008) 2002年7月17日
  • PREMIER SHOT #2(ONBD-7027) 2003年6月25日
  • 里菜♥祭り 2003(ONBD-7028〜7029) 2003年9月25日
  • RINA AIUCHI LIVE TOUR 2003 “A.I.R”(ONBD-7033) 2004年3月22日
  • 里菜♥祭り 2004(ONBD-7037〜7038) 2004年11月3日
  • PREMIER SHOT #3(ONBD-7052) 2005年7月27日
  • 里菜♥祭り 2005(ONBD-7057〜7058) 2005年9月28日
  • 里菜♥祭り 2006(ONBD-7071〜7072) 2006年11月1日
  • RINA AIUCHI VALENTINE LIVE 2007(ONBD-7080〜7082) 2007年5月23日
  • PREMIER SHOT #4 VISUAL COLLECTION(GZBA-8006) 2008年10月15日
  • RINA AIUCHI THANX 10th ANNIVERSARY LIVE -MAGIC OF THE LOVE-(GZBA-8012〜8013) 2010年7月28日
  • RINA AIUCHI LAST LIVE 2010 -LAST SCENE-(GZBA-8016〜8017) 2010年12月31日

書籍

音声配信

テレビ・ラジオ

NHK紅白歌合戦出場歴

CM

楽曲参加

愛内里菜&三枝夕夏

  1. 100もの扉(GZCA-4070〜4071)2006年6月14日
  2. 七つの海を渡る風のように(GZCA-4092〜4093)2007年4月11日

その他

【】内は歌唱名義

  1. DESPERADO【垣内里佳子】1998年7月16日
    • オムニバスアルバム『EUROBEAT FLASH Vol.19』(CTCR-12028)18曲目に収録。
    • オムニバスアルバム『EUROBEAT FLASH Vol.20 Anniversary Non-Stop Mix』(CTCR-12029・12030)2枚目の5曲目に収録。
    • NATALIEのカバー。
  2. I Will Survive 【愛内里菜】 2001年12月5日

  3. GIZA studio MAI-K & FRIENDS HOTROD BEACH PARTY(GZCA-5017) 2002年7月17日

  4. 涙の太陽Tak Matsumoto featuring 愛内里菜】 2003年11月26日

  5. ONENESSアニサマフレンズ】 2005年6月24日

  6. 愛エピローグ 【つんく♂&愛内里菜】 2005年7月13日

    • 作詞・作曲:つんく♂/編曲:高橋諭一
    • アルバム『タイプ2』(EPCE-5361)の2曲目に収録。
  7. OUTRIDE 【アニサマフレンズ】 2006年6月9日

    • 作詞:奥井雅美/作曲:影山ヒロノブ/編曲:河野陽吾
    • シングル『OUTRIDE』(GNCA-0031)の1曲目に収録、『Animelo Summer Live 2006 -THE OUTRIDE-』テーマソング。
  8. 君はボクの青空 【渚のオールスターズ】 2006年8月23日

  9. GROP 【愛内里菜】 2008年10月
    • 作詞:イカルス渡辺/作曲:和田耕平
    • 非売品シングル『GROP』(GZCG-1001)の1曲目に収録。上記グロップのCMソング。
  10. JOY TO THE WORLD 【愛内里菜】 2010年12月1日

タイアップ一覧

ドッグブランド

引退後はドッグブランド「Bon Bon Copine(ボンボンコピーヌ)」を起業。犬用のグッズ・アクセサリー・餌などを開発。自身は、商品開発・宣伝活動などプロデュース業を担当。母親が運営統括責任者。妹は個人情報管理担当として家族がサポートしている。

取得資格

  • ドッグリフレクソラジスト
  • ジャパンドッグヨガ協会トレーナー
  • 愛護動物取扱管理士

出典

外部リンク

-未分類
-, , , ,

執筆者:

関連記事

平成29年 深川八幡祭り(富岡八幡宮例大祭)特設サイト

様々な地縁を持ちながら 結束力は強く  「元々、永代寺(富岡八幡宮の別当寺)はこの辺にあったんだよ。だから富岡八幡宮の氏子なんだよ」。永代橋を渡って中央区へ入った新川 …

気になるあの人の噂まとめ★BuzzPress (バズプレス)

メンズノンノの現役モデルで、最近は俳優としても活躍中の成田凌(なりたりょう)が、ドラマ「ふれなばおちん」では不倫、「逃げハジ」ではゆりちゃんの部下、「コードブルー」では凄いダメ新人役といい感じのカメレ …

『逃げ恥』DVDは「手抜き」?|サイゾーウーマン

『逃げるは恥だが役に立つ DVD-BOX』/TCエンタテインメント  3月29日に発売されたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)のDVD/Blu-ray BOXが、驚異的な初動売り …

#飯山裕志 hashtag on Twitter

「十数年に一度の風景」 アサヒビール“金のオブジェ”、塗り替え中の姿は“銀色”

AbemaTIMES 東京・浅草にある人気の撮影スポットから姿を消した、巨大な”金色のオブジェ”。現在、その姿はシートで覆われ見ることができない状態だ。オブジェを目的に訪れた人 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。