中村ゆりのプロフィール

中村ゆりは1982年生まれ大阪出身の女優です。テレビ東京にて放送された番組『ASAYAN』にて開催された歌手オーディションに合格したことをきっかけに歌手としてデビュー。

1999年にユニットを解散するまで6枚のシングルと1枚のアルバムを発表しています。 以降は女優として活躍。映画『パッチギ!』の続編『パッチギ! LOVE&PEACE』や『天国からのラブレター』などに出演しています。

「ASAYAN」でシンガーとしてデビューした中村ゆり

モーニング娘。や鈴木あみらを輩出したオーディション番組『ASAYAN』出身の中村ゆり。2人組ユニットYURIMARIとして1998年にデビューし、解散までの1年間に6枚のシングルと1枚のアルバムを発表しました。

『パレード』がきっかけで林遣都と交際!

2010年に公開された映画『パレード』。『悪人』や『怒り』の原作者として知られる吉田修一の同名小説を原作に、映画『世界の中心で、愛をさけぶ』の監督・行定勲が映画化しました。

藤原竜也や香里奈など有名キャストを複数起用し、中村ゆりや、当時20歳だった林遣都も出演。林遣都は頭を金髪にし、男娼の役を演じたとことで話題になりました。

本作で共演した中村と林は、2014年に熱愛報道されていました。しかし2017年10月、2人が渋谷でデートする様子が報じられ、延べ4年の間付き合っていることが分かりました。林より9歳年上の中村は、デート中も林を引っ張っている様子だったと言います。

中村ゆりの主な出演映画・ドラマ

中村ゆりが新人賞受賞した映画『パッチギ!LOVE&PEACE』

『パッチギ!LOVE&PEACE』では、前作にあたる『パッチギ!』でキョンジャ演じた沢尻エリカが出演を辞退したことをきっかけにキョンジャ役に抜擢されました。井坂俊哉や藤井隆、桐谷健太らと共演しています。 この作品で中村ゆりは、第3回おおさかシネマフェスティバル新人賞を受賞しました。

映画『天国からのラブレター』では被害者役で出演する中村ゆり

1999年に実際に起こった光市母子殺害事件の遺族である本村洋が執筆した書簡を映画化した『天国からのラブレター』では、被害者の本村弥生を演じています。

映画『そして父になる』にも出演

中村ゆりが怖すぎ、と話題のドラマ『探偵の探偵』

ドラマ『探偵の探偵』は北川景子主演のシリアスサスペンスドラマです。北川景子演じる玲奈と共に働く琴葉(川口春奈)の姉である彩音を演じたのが中村ゆりです。 中村ゆり演じる彩音は普段は優しい姉なのですが、琴葉が探偵業を務めていることを快く思っておらず、時折裏の顔を見せるシーンもあります。中村ゆりの美貌と確かな演技力により、「怖すぎ」と話題になりました。

中村ゆりのインスタがとってもおしゃれ!

instagramのアカウントを持つ中村ゆりですが、投稿される写真がどれもおしゃれと話題を呼んでいます。中には可愛らしい愛犬チワワの姿もあるのでぜひチェックしてみて下さいね!

ドラマ『HOPE』ではキャリアウーマンに

2016年7月から9月までフジテレビ系で放送されたテレビドラマ『HOPE〜期待ゼロの新入社員〜』にも出演した中村ゆり。同ドラマは韓国の大ヒットテレビドラマ『ミセン』(未生)』を原作に制作されたことで話題になりました。 主人公の一ノ瀬歩(中島裕翔)は、囲碁のプロ棋士になる夢を仕方なく諦めて、一流商社与一物産で本採用を目指して働き始めたインターンの1人。

様々な失敗を乗り越えついに内定をもらいますが、高卒であることを理由に1年契約の社員としての採用になります。 次々と襲いかかる問題に、囲碁で鍛えた洞察力と記憶力、そして人一倍の努力で立ち向かい、一人の社会人として成長していくヒューマンドラマです。

中村の役どころは、与一物産の食品部食品2課長の白石涼子。仕事が非常にデキる女性課長ですが、子供のことで夫と口論になったり、仕事を抱えすぎて倒れてしまったりと、仕事と育児の狭間で奮闘するキャリアウーマンを演じています。

脇役ながら、その際立つ存在感と美しさでネットでも大きな反響を呼びました。

中村ゆりが「美しすぎる脇役」として話題?

しばらく地方におります。ギロリ。

中村ゆり yurinakamuraさん(@yurinakamurawoori)がシェアした投稿 –

ASAYAN出身で、美しくかなり多くの作品に出演している中村ゆり。しかしながら出演している作品ではだいたいが脇役なため、知名度の高い女優というよりは、出演するたびに「あの脇役の美女は誰?」と一時的なインパクトを残す特異なポジションを保ち地道な活躍を続けています。

これからも、美しすぎる名脇役・中村ゆりの活躍に注目が集まります。